新着情報

news
2019,2,26 ~ 2019,2,28

ベトナム赤十字会長と、厚生労働高階副大臣、愛媛県中村知事、松山市野志市長を訪問



2018,11,16

ベトナムにて初授業開催(弊機構・本宮)

日本介護職業能力育成機構(JCCD)ついて

japan care career development
理事長挨拶

一般社団法人
日本介護職業能力育成機構
理事長 本宮薫

弊機構は、わが国の介護人材の確保の一助となるよう、設立された団体です。ご存知の通り、わが国の介護現場では、深刻な担い手不足が叫ばれています。そのため、ロボットなどの導入も検討されています。しかし、介護は人の尊厳、人の命に関わる極めて難しく尊い仕事であり、やはり最後は人の手による介護が必要ではないかと考えております。

そんな中、平成29年度より、介護分野における外国人技能実習制度がはじまることとなりました。

制度の本意は、諸外国に日本の優れた介護技術を展開するものではありますが、現実には、担い手不足を緩和するという側面も否定することができません。

介護という仕事は、専門的なスキルとコミュニケーションを必要とし、それを全うするためには、利用者と介護者が文化を共有することが必要不可欠です。

わたしたちは、異文化の中で育ってきた外国人介護職員の皆様に、日本の文化と介護知識・技術をお伝えすることと、受入実習機関の皆様へのフォローを通じて、よりよい外国人介護特定技能・介護技能実習制度の振興と発展を目指して努力してまいります。

サービス紹介

service
弊機構では、外国人介護職員のサービスレベルを引き上げるための実践的なカリキュラムを構築しております。安心して介護が学べる、安心して介護が教えられる、そんな介護能力に応じた教育システムやアフターフォロー体制を整えております。

1、介護テキスト・介護ドリルの提供(介護教育の学習を進める)
2、介護教育を極めるセミナーを開催(介護教育の進め方を学ぶ)
3、Sakura・KAORUシステムの提供(介護教育を実践的に一緒に進める)

1~3を段階的に取り入れることで、確実かつ実践的な外国人介護職員の育成が可能になります。

1、介護テキスト・介護ドリルの提供

入国前~入国後の現場で活躍するまで使用できる外国人向け介護テキスト・介護ドリルです。実際に海外などで使用している介護テキスト・介護ドリルであるため、外国人介護技能実習生の育成にお使いください。既に現場で使用しているため、失敗するリスクの低い介護教材です。介護スタッフのレベルに応じて学べる教材ですので、段階を踏んで成長していくことが可能です。

2、介護教育を極めるセミナーを開催

介護テキスト・介護ドリルを、より効果的に使用するための介護指導者向けのセミナーを随時行っております。介護基本セットをご購入いただいた方には、もれなく無料で介護テキストの使い方をオンラインセミナーにてご説明差し上げております。介護教育のコンサルティングとしてのオンラインセミナー(有料)も開催しておりますので、お気軽にご相談ください。

3、Sakura・KAORUシステムの提供

外国人介護職員の教育に、本格的に力を入れていきたい方向けの介護教育コンサルティングプログラムです。『7つの安心シート』を順番に進めていくだけで、不安も進め方の方法にも戸惑いなく、受入れ準備・生活支援・介護教育が行えるシステムを開発しました。システムを進めて備えていく事で日本人介護職員の成長と確認に繋がり、不安も取り除かれて共に成長でき喜びを分かち合う実感が持てるようになります。

サポート内容

support
弊機構では、送出し機関様・監理団体様・受入れ企業様へのサポートについて、それぞれ対応しております。入国前テキスト教材の提供、入国後の講習や介護研修に加え、カリキュラムに合わせた「JCCD日本式介護職業能力検定」で実習生のモチベーションアップと知識・技術レベルの視える化を図ります。介護現場で必須のマナーやルール、介護の基礎知識・技術については、介護用語ドリル・介護基本ドリル(1・2・3)、チェックシートで繰り返し学べるカリキュラムをご用意しております。また、各科目の評価シートを活用し、実習生の学びを総合的にサポートする体制を組んでいます。 監理団体様には、実習生教育カリキュラム・介護基本テキストに沿った指導要項や研修サポートプログラムで、監理団体の実習指導者様をサポート致します。

JCCDの「0ヶ月からの教育」で差がつく介護技能実習を

入国前(0ヶ月)の教育の提供から入国後5年先までの受入れ機関での能力向上を含めて、介護職業能力育成と考えています。
講習内容は、段階的に成長できるプログラムとなっており、介護福祉士の資格取得まで先を見据えたカリキュラムをご用意しております。

介護教育教材の販売

teaching materials


1、介護テキスト・介護ドリルの提供
JCCDのオリジナル教材!!!

介護のプロ「JCCD」だからできる、充実した内容をどうぞ!


☑ 入国前~入国後まで、JCCDシリーズ教材でレベルアップ間違いなし
☑ 文字が大きく、全てルビ・イラストで納得
☑ 介護現場での新人教育指導書として活用可能

詳細は販売ページにて、ご確認ください。
2、介護教育を極めるセミナーの開催
オンラインセミナー開催情報!!!

本オンラインセミナーには無料版・有料版がございます。

介護基本セットをご購入いただいた方には、介護テキストの使い方を無料でご説明させていただきます。以降のより具体的なフォローアップが必要な方は、オンラインセミナーを個別対応(有料)にて対応させていただきます。

実際に海外で利用されております本教材を用いて、実践的な外国人介護職員の育成にお役立ていただけますと幸いです。

メディア出演情報(直近3件)

media

愛媛新聞にて掲載

2019,2,28
ベトナム赤十字会長と愛媛県中村知事、松山市野志市長を訪問しました。ベトナム政府認定の介護プログラムで使用する教科書として弊機構のテキストが採用されております。



MEDIA

読売新聞にて掲載

2019,1,19
JCCD作成の教科書がベトナム赤十字社の介護育成プログラムに採用された事が掲載されました。教科書を通じて日本を知り、愛媛に働きに来てほしいという思いが込められています。



MEDIA

愛媛経済レポートにて掲載

2019,1,14
ベトナム赤十字と共に介護キャリアのプログラムに採用された教科書認定について、取材頂内容が掲載されました。

MEDIA

読売新聞にて掲載

2019,1,19
JCCD作成の教科書がベトナム赤十字社の介護育成プログラムに採用された事が掲載されました。教科書を通じて日本を知り、愛媛に働きに来てほしいという思いが込められています。



MEDIA

過去に開催されたセミナー(直近3件)

past

特定技能試験 対策プログラム 講師養成講習 

2020年2月5日
ご参加いただきまして、ありがとうございました!

----------------------------
●JCCD教材の特定技能試験活用術
●介護特定技能試験対策プログラム

介護入国後教育講習会

2020年2月3日
ご参加いただきまして、ありがとうございました!

----------------------------
●介護用語で行う入国後日本語240時間プログラム
●シリーズ教材での介護入国後講習42時間プログラム
●入職(配属)後12か月指導育成プログラム

特定技能試験 対策プログラム 講師養成講習

2019年11月22日
ご参加いただきまして、ありがとうございました!

----------------------------
①特定技能試験 特別実習

特定技能試験 対策プログラム 講師養成講習 

2020年2月5日
ご参加いただきまして、ありがとうございました!

----------------------------
●JCCD教材の特定技能試験活用術
●介護特定技能試験対策プログラム

会社概要

profile
会社名 一般社団法人 日本介護職業能力育成機構
(Japan Care Career Development)
理事長 本宮 薫
愛媛本部 〒790-0065
愛媛県松山市宮西3丁目4-40
FAX 089-916-7055
Mail info@jccd-111.org
HP https://jccd-111.org
東京支部 〒105-0013
東京都港区浜松町二丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
発足 2016年6月20日
機構設立 2017年1月11日
東京支部開設 2017年4月01日 
関連組織 株式会社CPI
愛媛本部 〒790-0065
愛媛県松山市宮西3丁目4-40



賛助会員のご案内

supporting members

賛助会員入会のご案内
ご優待特典多数あり!!!
主に監理団体様、福祉施設様、日本語学校様を対象に賛助会員を募集しております。賛助会員としてご入会された方には、様々な特典がございます。



お問い合わせ

contact

当機構へのお問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信


Facebookページ、アメーバブログにて日本介護職業能力育成機構の新着情報を更新しております。
下記ボタンから新着情報が確認できますので、合わせてご確認いただけますと幸いです。